お疲れさまでした。

日本にいると(特に仕事していると)よく使うこの言葉・・・果たして英語にあるのだろうかと考えてみたところ・・

答 ない

何でも英語で言おうとする最近の風潮に少々呆れ気味ではありますが(~_~;)

敢えて言うとすれば!

Good job! Great job!

でしょうか?!

忙しい人の多い日本で生きて行くにはやっぱり・・・Going your own wayです(笑)
[PR]
by yesfamily | 2013-04-25 18:39 | essay

忘れてはならない日

重い内容で申し訳ないのですが、今日8月6日は日本人にとって決して忘れてはならない日だと思います。

8月9日は長崎原爆の日・・・そして15日は終戦記念日です。


今日の朝8時15分、テレビの前で広島原爆被爆者の方たちに黙とうをささげました。

昔、当時中学生だった子供たちと一緒に原爆ドームに行ったことがありますが、こんなことは二度と繰り返してはならないと強く思ったことを覚えています。

戦後60年以上経ち、被爆者の方たちも高齢化してどんどん亡くなっていらっしゃいます。

被爆体験を語り継ごうという活動も始まっているということですが・・・

平和ボケしていると言われる日本人もこの時期は平和について真剣に考えるべきでしょう。

唯一の被爆国として、絶対に広島・長崎のことを忘れないこと、平和が続くように努力していくことが大切だと実感した日でした。
[PR]
by yesfamily | 2012-08-06 18:28 | essay

本音で語ることの大切さ

もうずっと昔の話ですが、カナダ人の友人に聞かれました。
「日本人ってどうして本音を隠して生活しているの?」
改めて聞かれると何と説明すればいいか困ったのを覚えています。
「日本人は本音と建前を使い分ける人種だから」
苦し紛れに私は確かそう答えました。

日本人でありながら実は私も常々「日本人ってどうもわかりにくいな~」と感じていました。
社交辞令をよく使うし、あやふやな態度ではっきりしなかったり・・・アメリカ人の女の子には「日本人って遊びに行くねとか言って実際来たりしないわよね。日本人のそういうところが大嫌いなのよ。」と言われたこともあります。実際私もそう言われればそうだよな、と思いつつ、「そうね~それが挨拶代わりなのよ」などと答えるしかありませんでした。

本音と建前を使い分ける、これはある意味、日本人の「生きる知恵」でもあるのかもしれません。
他人も自分も傷つけないためのセイフティーゾーンを作って、その場を丸く収めるという一つの方法なのかなと思ったりもします。

あれから随分経ちますが、日本人って何だか変わってきました。
「我儘はよくないことだ」「嫌なことも我慢してやりなさい」と小さいころから
教えられてきた人たちは、どうしても自分のことより他人優先になってしまいがちです。
このような考え方はとても大切なことではありますが、自分にストレスをかけるので疲れてしまいます。
日本語の「お疲れさまでした」という言葉はこういうところから来ているのかもしれません。
でも、最近の日本人は違う。まず自分ありき、という人が増えてきたように感じます。
悪く言えば、自己中な人が増えた、良く言えば自己主張するのが上手くなってきたというところでしょうか。

無縁社会という言葉が使われるようになってしばらく経ちますが、
人はもっと本音でぶつかっていい、と思います。もちろん言葉を選んだ上での話です。
本音で語らなければ本当の意味でのいい関係は築けないと思います。
本音を言うと角が立つ、人を傷つけてしまうというコワさが予防線となって
つい当たり障りのない言い方で済ませてばかりいると結局誰とも心が通じ合えません。
それではあまりにも淋しい。

人のことをおもんぱかる、察する(俗に空気を読むといいますね)ということはとても大事なことです。
これは日本人の高度なコミュニケーション能力だと思います。

これからはそれに加えてお互い違うところを認めてレスペクトし合い、本音で語れるようになればそのうち無縁社会という言葉なんてなくなるのでは?と思う今日この頃です。

※あくまでも個人的な意見です。最後まで読んでくださった方ありがとうございました。
[PR]
by yesfamily | 2012-06-25 17:09 | essay

いつもありがとうございます♪ Merci, bon voyage! RYO
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31